『sacraco』 手縫いやミシン、バッグと雑貨もの作り教室〔革や生地〕と handwork therapy reiki school

たくさんのありがとう。 


画像はにゃんこの
たいちゃんとそらさん。
体調が悪いそらさんにたいちゃんが
寄り添ってけづくろいをしています。

今朝、そらさんが旅立ちました。

そらさんとの出会いは12〜3年前。
出会ったときはすでに8歳を超えていました。
だから今年で20〜21歳

そらさんと出会ったとき、
しおとたいの2匹のにゃんこと暮らしていました。
私はひとり暮らしをしていて
バイクのツーリングから戻り
マンションの駐車場で
やせ細ったにゃんこを見つけたのです。
1度は自分との葛藤のすえ部屋に戻り
どうしても気になり痩せ細ったにゃんこに
こう言いました。
『おりこうさんでいてくれるならついておいで』

そう言って部屋に戻る私の後を
まるで飛び跳ねるように楽しそうに
付いて来て玄関を入るので
まずは体をキレイに洗ってから
他のにゃんこ達に紹介するね。
とお風呂の戸を開けると
ニャーと返事して自分から入り
気持ち良さそうにシャンプーを
させてくれてうちの子になりました。
(不思議なことにシャンプーさせてくれたのはこの時だけ(≧▽≦))

私はその時、車とバイクに自転車なども保有し
やりたいこともたくさんあって
そらさんに会った時に
その上、この子を幸せにできるのか?
という葛藤があったんですね。

当時、ヘビースモーカーだった私。
タバコをやめたらこの子の生活費が出来る!
と単純に思い付き、それなら
この子に直接聞いてみようと
駐車場に戻ったんです。

私はそらさんのおかげで
それからはじまるたくさんの幸せと
何度禁煙してもやめられなかった
タバコをピタッとやめて
体も健康になったんです。

そらさんはその時の私との約束を
ずっとずっと守ってくれたんだと思います。
私に甘えるのはいつも1番最後。
他ににゃんこがいるときは
甘えないふり。
そして病気で病院に行ったことも
1度も無いんです。

今回、日に日に動けなくなり
看病の日が続きましたが
おトイレだけはどんなに時間をかけても
自力で行ききちんとおトイレで
用を足していました。

本当におりこうさんでした。
頑張るそらさんを見て
あんな約束なんてしなければ良かった。
何度も何度もそう思いました。
『もうわがままにやりたいようにやって 私にお世話させてくれたらいいんだよー』って
何度も何度もそう言いました。


最後は私のひざの上で看取りたいと思っていました。

少し前から不思議と
そらさんを見送れるんじゃないか?
という感覚を感じていました。

最後までおりこうさんなそらさんは
私の休みの日、私が家に居る時間に
私のひざの上で眠るように安らかに
息をひきとる。
という私の願いを叶えて
旅立っていきました。

最後の最後までおりこうさんのそらさん。



私はレイキしていて本当に良かった。
もししていなければ
見守っていたんだろう。
大切な家族に私は何も出来ないの?
という思いをせずに
出来る事がある。そう思って
そらさんにレイキを送り続け
そして旅立った今も
送り続けています。

私も今は不思議なくらい
おだやかです。
そらさんの安らかな顔を見れて。。。


いつかまた会おうね!そらさん。



[ 2016/11/28 23:59 ] 日々のこんな事あんな事 | TB(0) | コメント(-)